fc2ブログ




埼玉のサーファーとしてスノーボーダーとして日本が良くなるために。


PROFILE
まんぞう
  • Author:まんぞう
  • 埼玉県さいたま市の浦和で
    武蔵浦和という駅ができる以前から、
    サーフィンとスノーボードのお店をやってます。
    自然を相手に一歩間違えれば命の危険もある
    サーフィンやスノーボード
    当初から通信販売はせず
    ネットの時代が来ても
    対面販売にこだわり
    ネット販売はやってません
    メタバースの時代がこれからやって来ても
    1万年後でも
    現実であるサーフィンやスノーボードにおいて
    我々のような現場の人間は
    非現実より一歩も二歩も進んでなければなりません
    沢山のお客を相手にする事は不可能なので
    本物の専門店スーパープロショップとして
    プロ意識(プロフェッショナリズム)持って
    商売やってます

    サーフィン歴40年以上
    スノーボード歴35年以上
    スノーボードやサーフィンなどで
    世界20カ国以上の国へ行きました。
    税務署認定のプロコーチです(笑)

    サーフィン、スノーボードは仕事。
    浦和レッズ観戦とキャンプが趣味。

    埼玉県さいたま市南区の浦和在住

    にほんひらがなをつかおうのかい
    の会長です!
    日本人をオリンピックの洗脳から目覚めさせる会
    の会長 現在会員11名

    スノーボードのワールドプロツアーを国際公認コーチで仕事として周ったり、
    ヨーロッパ、アジア、北米大陸などをサーフィンしながら旅したりの経験をふまえて、
    浦和地区の人間
    さいたま市の人間
    埼玉の人間
    そして日本人を
    本当の意味で世界に通用する人間に、
    人間力のある日本人に
    導きたいと思っています

    憲法改正論者歴40年

    埼玉のサーファーとして
    埼玉のスノーボーダーとして
    いい国、日本をもっといい国にしたい。

    そのためには!

    先進国ではありえない政権交代を繰り返さない日本。
    そしてその事を報道もしない議論もしない日本のマスコミ
    ヤフーコメントでも最近やりあうがここまで情報統制されてると
    いくら日本人が優秀でもロシアのように気づけない。
    情報が無いんだからまともな判断ができない
    国民が悪いのか?
    小沢一郎の様に本物の改革者は潰され。
    自民党をぶっ壊すと叫んだ小泉純一郎のような
    似非(小)改革者は持ち上げられるこの20年の歴史

    日本を良くするには
    次の政権交代で真っ先に日本の大マスコミの報道を自由にする
    規制緩和をする事が大事だ!
  • RSS


  • CALENDER
    01 | 2023/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • スノーボードシーズンイン(12/04)
  • ワールドカップ優勝38 ベスト8の壁(11/23)
  • ワールドカップ優勝37 成熟国家 になりつつある(11/23)
  • サーフィン&キャンプツアー 伊豆(09/12)
  • グーグルのAIとまんぞう(09/03)
  • 久しぶりの湘南~(09/02)
  • 8月7日日曜日はビーチクリーン(08/05)
  • 安倍真理教(08/04)
  • 国がカルトになってる まんぞう世論調査 (笑)(08/02)
  • プロショップ、専門店、行きつけのお店、リテラシー、コミュニティ まんぞう世論調査(07/15)


  • RECENT COMMENTS
  • (10/11)
  • さくら(12/26)
  • とよ(01/13)
  • タコ(07/05)
  • (10/30)
  • adachi(09/14)
  • れじぇんど(02/01)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 日本の文化を学ぶ。:(09/29)
  • まみの記録:水戸黄門(07/25)
  • いつきのブログ:水戸黄門(06/20)
  • renaの記録:伊藤翔(02/20)
  • こちら中小企業総務部:フィンランド・メソッド 5つのステップ(12/09)


  • ARCHIVES
  • 2022年12月 (1)
  • 2022年11月 (2)
  • 2022年09月 (3)
  • 2022年08月 (3)
  • 2022年07月 (3)
  • 2022年06月 (5)
  • 2021年11月 (1)
  • 2021年10月 (2)
  • 2021年07月 (1)
  • 2020年12月 (1)
  • 2020年08月 (1)
  • 2020年07月 (1)
  • 2020年03月 (2)
  • 2019年12月 (1)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (7)
  • 2019年09月 (8)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年07月 (4)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (2)
  • 2018年04月 (1)
  • 2018年02月 (2)
  • 2017年12月 (2)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (2)
  • 2016年12月 (1)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (6)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (9)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (3)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (8)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (7)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年09月 (3)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (8)
  • 2013年06月 (3)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (8)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (3)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (7)
  • 2011年02月 (2)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (7)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (2)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (8)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年03月 (10)
  • 2009年02月 (6)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (11)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (8)
  • 2007年11月 (8)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (4)
  • 2007年05月 (5)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (2)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (6)
  • 2006年11月 (3)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (8)
  • 2006年01月 (9)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (9)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (4)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (3)
  • 2005年06月 (3)


  • CATEGORY
  • 未分類 (591)


  • LINKS
  • ギャラク
  • らく
  • 日本の膿の続き
    死んでませんよ~

    ここんとこ、ブログをアップしてないので、
    お店であったり、電話であったり、心配されてしまうので。。

    勘のいい人は、解ったと思うけど、
    朝青龍の問題に、あきれてしまったんだよ~。

    1、 いじめ。
    2、 村八分。
    3、 偏狭なナショナリズム

    だよ!
    ちょっと仮病使って、仕事休んだだけなのに。。
    神事だの、国技だの、財代法人だの、
    だもん。。

    しまいには、スポーツの観点からすると、
    ある新聞に書いてあったが、
    80%位の人が、横綱をやめて欲しいそうだ。
    国民ぐるみで、横綱剥奪と言う、

    不正行為を、

    奨励してるんだよ。。

    品格ですか。。

    僕は、何人ものプロを育てて、3名のチャンピオンも輩出して。
    その方針としては、多少の人格が劣っていても、
    「上手くなりなさい、実力をつけなさい。」
    勝つために、多少の、いやらしさは、目をつぶっていたんだ。


    相撲の専門家ではないので、絶対正しいとは、いえないが。
    横綱と言うのは、まずは、強いから成れるんですよね?
    当然、その世界を引っ張るために、
    人格は、必要だと思います。
    品格ですか~。
    数字的には、90%位の、相撲の優劣(強さであったり、上手さ)
    9%位の人格、
    残り1%くらいの、品格なんではないか、と思うんだけど。。
    どうも、世間の人は、1%くらいであろう、部分を、
    90%以上の比率に、錯覚してしまっているんではないか?
    実力があるのに、
    「やめさせろ!」
    だもん。。
    一握りの専門家や、マスである、世間の人の、声より、
    本当の、相撲のファン達は、どう思ってるんでしょうかね?


    ヨーロッパに行っていて、ユーロスポーツなどで、
    日曜のゴールデンタイムに、相撲をやっているのを見て、
    ここでも、相撲は、人気があるんだな~と、感じていた。

    現在の相撲協会の方向性だと、
    相撲の、国際化は進んでいくでしょう。

    けして、悪いことではないが、相撲という、スポーツの世界で、
    日本人の言う、品格を、世界のスタンダードに出来るのかな?

    なんか、これも、水戸黄門的で、
    安倍さんのいう、戦後レジームの脱却が、
    必要なんではないかね~。

    日本の膿だと、僕は思ってしまう。
    スポンサーサイト




    【2007/09/15 11:36】 未分類 | TRACKBACK(1) | COMMENT(1) |

    この記事に対するコメント
    もちろん
    日本の膿です!!うんこです!
    いい加減毎日、うんざりです。
    他に伝えることもっとあるだろ~

    8割の人が朝青龍をやめてほしいって
    言ってるって、そんなん相撲ファンから
    言わせてもらうと、
    朝青龍の凄さを知らないからそんなこと
    言っちゃうんだろうな~、と思う。

    朝青龍は相撲をやめるには早すぎるし
    もったいない!まだ相撲をとってほしい!

    というのが、真のファンの意見です。
    せっかく東西の横綱がそろって
    これから面白くなるとこだったのに。
    マスコミのせいで相撲の盛り上がりに
    水を差された体でほんとムカつきます。
    【2007/09/19 00:12】 URL | ろじゃ #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック

    相撲相撲(すもう)は国際的にも行われている日本由来の武道・格闘技・スポーツ。プロフェッショナル|プロ競技としては、日本国内で大相撲という形で興行が行われている。(歌川国貞、1860年代).wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedi 日本の文化を学ぶ。【2007/09/29 14:04】