FC2ブログ




埼玉のサーファーとしてスノーボーダーとして日本が良くなるために。


PROFILE
まんぞう
  • Author:まんぞう
  • 埼玉県さいたま市の浦和で
    武蔵浦和という駅ができる以前から、
    サーフィンとスノーボードのお店をやってます。
    サーフィン歴40年くらい
    スノーボード歴35年くらい
    スノーボードやサーフィンなどで
    世界20カ国以上の国へ行きました。

    サーフィン、スノーボードは仕事。
    浦和レッズ観戦とキャンプが趣味。

    埼玉県さいたま市南区の浦和在住

    にほんひらがなをつかおうのかい
    の会長です!
    日本人をオリンピックの洗脳から目覚めさせる会
    の会長 現在会員10名

    スノーボードのワールドプロツアーを国際公認コーチで仕事として周ったり、
    ヨーロッパ、アジア、北米大陸などをサーフィンしながら旅したりの経験をふまえて、
    浦和地区の人間
    さいたま市の人間
    埼玉の人間
    そして日本人を
    本当の意味で世界に通用する人間に、
    人間力のある日本人に
    導きたいと思っています

    憲法改正論者歴37年

    埼玉のサーファーとして
    埼玉のスノーボーダーとして
    いい国、日本をもっといい国にしたい。

    そのためには!

    先進国ではありえない政権交代を繰り返さない日本。
    次の政権交代で真っ先に日本の大マスコミの報道を自由にする規制緩和をする事。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2020/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 創立35周年とコロナPCR検査(07/24)
  • 東京オリンピックの洗脳  観光客数(03/13)
  • コロナのPCR検査と大震災時の放射能のSPEEDI(03/12)
  • カルロスゴーン日本脱出とスノー場(12/31)
  • 日本人をオリンピックの洗脳から目覚めさせる会 会長のまんぞうがマラソンの札幌移転に思う事(11/27)
  • 男同士3人で富士山ふもとっぱらキャンプ(11/16)
  • ラグビーワールドカップ決勝とサーフィン(11/02)
  • 猿と九官鳥29 可哀そうなチュートリアルの徳井ちゃん(10/29)
  • 最近のサーフィンは(10/25)
  • ラグビーのワールドカップ 準々決勝 日本VS南アフリカ戦~(10/20)


  • RECENT COMMENTS
  • (10/11)
  • さくら(12/26)
  • とよ(01/13)
  • タコ(07/05)
  • (10/30)
  • adachi(09/14)
  • れじぇんど(02/01)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 日本の文化を学ぶ。:(09/29)
  • まみの記録:水戸黄門(07/25)
  • いつきのブログ:水戸黄門(06/20)
  • renaの記録:伊藤翔(02/20)
  • こちら中小企業総務部:フィンランド・メソッド 5つのステップ(12/09)


  • ARCHIVES
  • 2020年07月 (1)
  • 2020年03月 (2)
  • 2019年12月 (1)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (7)
  • 2019年09月 (8)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年07月 (4)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (2)
  • 2018年04月 (1)
  • 2018年02月 (2)
  • 2017年12月 (2)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (2)
  • 2016年12月 (1)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (6)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (9)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (3)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (5)
  • 2014年02月 (8)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (7)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年09月 (3)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (8)
  • 2013年06月 (3)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (8)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (3)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (7)
  • 2011年02月 (2)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (7)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (2)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年09月 (3)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (8)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年03月 (10)
  • 2009年02月 (6)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (4)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (11)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (8)
  • 2007年11月 (8)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (4)
  • 2007年05月 (5)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (2)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (6)
  • 2006年11月 (3)
  • 2006年10月 (10)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (8)
  • 2006年01月 (9)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (9)
  • 2005年10月 (6)
  • 2005年09月 (4)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (3)
  • 2005年06月 (3)


  • CATEGORY
  • 未分類 (568)


  • LINKS
  • ギャラク
  • らく
  • イラクの人質事件
    2年前の人質事件のときに、
    この国で、巻き起こった自己責任という言葉。
    産経新聞で、考え方などが、育った僕は。
    あくまでも、僕的には、何でそうなっちゃうのかな?
    と不思議でしょうがなかった。

    イラクに、自分の命をかけて行った、人達。
    3人のうち、2人は、貧しい子供達を、救ってあげたいなど。
    僕には、絶対できない事を、やりに行ったのに。。
    たとえ、ジャーナリズムだか、お金のためであっても
    あなたは、あの状況で、現実に行きますか?
    僕は、すごい、高尚な事をやっている、と思ったんだが。。。

    話は、変わるが、うちの母親は、どこにでもいる普通の人、
    当時、「あの人達、自己責任が無くて、ダメね!」
    だって。
    世の中で、流行ってるんだろうな~  と思ってた。

    小泉さんの立場で、苦々しく思うのであれば、当然の事だろうけど。
    (1国の最高責任者)
    しかし、自民党あたりの、これからという人が、
    社会に対して、メディアに対して。
    一家言あっても、良いのでは無いか?
    と思っていた時。
    (これからの日本の、期待はしているけど、
    民主党内の多数の人は、まだ無理だろうな~)

    そして、アメリカのパウエル国務長官が来て。
    「何故、日本人は、命を賭して行った人達を、非難するんだ?」
    と言われた時に、

    やられた~!

    と思ってしまった。
    その時も、うちのお客さんで、
    「パウエルの発言は、自国の利益を、考えただけだよ」
    と言われたけど。僕は、そうは、思えなかった。
    アメリカ人の、心意気を感じてしまったんだ。

    まあ、スポーツの観点からいうと、
    この国を、動かしている、偉いおじさん達が、
    ワールドカップという、ブランドでは、盛り上がっても、
    自由であり、だからこそ、自己責任が強い、
    サッカー自体を、好きにならないようでは、無理だろうけどね!!




    これが、この前(3月24日)の、
    アメリカのスポーツジャーナリズムはすごい(タイトル)、
    で書いた続きでした~
    スポンサーサイト




    【2006/05/23 12:37】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック